ボトックス治療で小顔になれる【エラ解消でナイスなフェイスライン】

サイトメニュー

手術の留意点とメリット

カウンセリング

注意点と負担がない利点

エラボトックスは筋肉に対して影響しますので、骨そのものが要因でエラが張っているケースは効果がないといえます。 その結果自身のエラが張っている要因が骨か筋肉かを手術前に認識しておくことが大切となります。また、 ボトックス注射の後稀に内出血があり注射部位にアザが存在するように見えるケースがありますが、1週間くらいでおさまりますし腫れはあまり見受けられません。そして、 効果を継続させるために何度も注射していると筋肉自体が小さくなった分だけハリがなくなりたるみが気になるケースがありますので、注射頻度も注意しなければなりません。 さらにボトックス注射は胎児並びに乳児に対しての安全性が十分保証されていないため、妊娠している間や授乳中の方はもちろんの事、妊活している間の人も手術が受けられません。 エラの張りを打開したいと考えても生まれ付きと断念している人も多くいますが、筋肉が要因となっているなら、ボトックス注射を利用することによって改善できますので気掛かりな人は一回カウンセリングを受けた方がいいでしょう。ボトックスの注射をエラの筋肉に対して注射することによって、筋肉の動作を弱め小さくすることを通して小顔に関する効果が得られます。 注射した後1週間くらいで筋肉の活動が弱まって、次第に3〜4週で筋肉が段階的に痩せます。 外見上も小顔効果を堪能できるのは注射した後3〜4ヶ月くらい経ってからです。 ボトックスの有効性は半年ほどで弱まりますので効果効能を保ち続けたい場合継続的に手術を受けることが欠かせませんが、反復し注射することによって持続期間も非常に長くなる傾向が見られます。 エラボトックスに因る小顔整形の利点として、手術でよく見かける人体への切開が、為されないことです。その結果手術した後に悪影響を及ぼすことが多い、傷跡が残存するという可能性が少ないといえます。また、手術後に痛み自体が継続していくこともありません。さらに注射を実施するだけですから、エラ削りと比べ必要となる費用が安く済み、時間もエラ削りの10分の1以内で済みます。痛み等を感じることなくコストも安いので、精神と肉体に負担がかからないことが長所と言えるでしょう。